太陽光発電ってローン組めるの?徹底解説!

この記事は約4分で読めます。

高額な買い物となる太陽光発電はローンを組んで購入することがほとんどであると思います。しかし、住宅や車に比べると馴染みの少ない太陽光発電でお金を借りることは多かれすくなから抵抗がある方も多いと思います。利息の支払いがかさんで元を取ることができないのではないか、など不安に思う要素は多いかと思います。今回は太陽光発電ローンについてお伝えしたいと思います。

今回は以下のトピックで太陽光発電ローンについてお伝えします。
・太陽光発電のローン金利はどれくらい?
・信販会社でソーラーローンを組む
・銀行でソーラーローンを組む
・現金で払うのが一番良い
・新築で家を買う方は住宅ローンに組み込む

太陽光発電のローン金利はどれくらい?

太陽光発電に関わるローンは信販会社や銀行、JAなど複数の金融機関が取り扱っています。ローンは手元にある程度の現金を残して売電収入などを利用しながら返済することができる方法です。ですが、少しでも金利を落として買い物をしたいと思うのは皆さん同じでしょう。実は太陽光発電のローンは比較的低い金利が設定されています。具体的な数字に関しては各種機関によって異なりますが、概ね1%台~4%台が設定されています。住宅ローンほどではないものの比較的低い金利が設定されています。その理由として政府が制定した電力の固定価格買取制度があります。太陽光発電のクリーンな再生可能エネルギーの導入に政府は積極的です。固定価格で電力が買い取ってもらえることで、安定した売電収入が見込まれます。そのために太陽光発電のローンは比較的低い金利が設定されています。

信販会社でローンを組む

太陽光発電ローンを組む中で最も一般的な方法です。これは太陽光発電の販売会社と提携している信販会社で組むローンです。太陽光発電を導入するほとんどの家庭では販売会社が提携する信販会社でローンを組みます。また、このローンの利点は手間が少ないことです。基本的にはローンの申請は販売会社が行いますし、販売会社と信販会社が提携していることもあり手続きが比較的スムーズに行われる特徴があります。他には手元に現金を残せるというメリットがあります。これはどのローンにも言えるような特徴ですが、太陽光発電は大きな買い物ですので現金で支払いをするのは難しい方もいると思います。また、太陽光発電は長期間をかけて回収を行う設備ですから一度に多額の現金を払っても回収はかなり後になってしまいます。短期間で大きな現金を支払うのが難しい方はローンを活用すると良いでしょう。

銀行でローンを組む

こちらも先述した信販会社でのローンと似たような特徴があります。銀行や信金、JAなどでローンを組むメリットは低金利で借り入れることができるということです。しかし、金融機関は審査基準が厳しく提出書類などを自分で用意する必要があるので、提携ローン会社でローンを組むより手間がかかります。選択肢として銀行や金融機関で借り入れをすることは検討しても良いかもしれませんが、申請の手間などを考えれば販売会社と提携する信販会社でローンを組む方が良いのかもしれません。

現金で支払うのが一番良い

これは少々テーマと離れてしまいますが、どの大きな買い物にも共通しますがローンを組むよりは現金で一括で購入した方が金銭的には得になります。金利による利息を支払う必要がなくなるからです。年間では小さく見える金利ですが10~15年という期間で考えれば利息に支払う金額はとても大きくなります。仮に200万円を借り入れ2.5%の金利で15年間のローンを組んだとすると利息に支払いは15年間で約40万円となります。これは太陽光発電の約2年分の売電収入に値します。よって15年間の支払い期間のうち、2年間は利息の支払いのためだけに太陽光発電が稼働することになります。もちろん現金で購入することは現金に余裕がなければできないことですが、もし家庭で現金に余裕があるのであれば販売会社が進めるローンを組むより現金で一括で購入した方が太陽光発電での利益を大きく受けることができます。

新築で家を買う方は住宅ローンに組み込む

こちらも対象者は限られる方法ですが、新築で家を建てると同時に太陽光発電を検討される方は住宅ローンに太陽光発電の費用も組み込む事をお勧めします。メリットは単純で太陽光発電ローンよりも住宅ローンの方が金利が有利だからです。また、ローンを複数抱える必要がないので簡単であるというのも利点の一つでしょう。金利は金融機関により異なりますが、1%前後の金利で借り入れることができるので太陽光発電ローン金利の半分ほどの金利で借り入れを行うことができます。

まとめ

今回は太陽光発電ローンに関する情報をお伝えしました。支払い方法は各家庭の家計状況によって現金払いを選択したりローンを組む事を選択するようにしましょう。どちらの支払い方法にもメリットデメリットがありますのでどちらのメリットが家庭で最大化できるのか、またデメリットを最小化できるのかという点をけんとうしてください。決して安くない買い物になるので慎重に選択する事をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました