太陽光発電の寿命はどれくらい?

この記事は約4分で読めます。

太陽光発電は設置し、稼動してすぐに電気を生み出してクリーンな電力を家庭に供給してくれます。

しかし、大きな機械ですので初期費用や機器の支払いのローンは決して安いものではありません。ですが、正しくメンテナンスを行い使用していれば太陽光発電は家計にとって大きなメリットとなる可能性が高いです。

今回は太陽光発電の寿命についてお伝えして、少しでも家計の助けになるような情報をお伝えしたいと思います。

今回は太陽光発電の寿命とメンテナンスについて以下の目次でお伝えします。
・太陽光発電の寿命
・長期稼動している例
・寿命は稼動環境によっても変化する
・寿命を延ばすために大切なのはメンテナンス
・メンテナンスの質やコスパが太陽光発電によるリターンを左右する

太陽光発電の寿命

太陽光発電は人類の歴史で見ればとても若い製品であり、正確な寿命というものはわかりきっていないというのが現状です。

しかし、ある程度の目安寿命は存在します。目安寿命は大体20年から30年と言われています。しかし、この寿命もメーカーのシミュレーションによる寿命ですので実際の現場では寿命がこの数値を前後する可能性は高いと考えられます。

また、太陽光発電は皆さんが想像するようなパネルだけではなく、パワーコンディショナーという機器も取り付ける必要があります。

パワーコンディショナーとは簡単に説明するとパネルで発電した電気を家庭で使えるように変換してくれる装置です。吉は太陽光発電の故障で多いのはこのパワーコンディショナーの不良です。太陽光発電設備の寿命はこのパワーコンディショナー次第といっても過言ではありません。

長期稼動している例

現在日本で最も長く稼動していると言われる太陽光発電はとある電機メーカー社員さんの自宅に設置された設備だと言われています。2018年時点では24年間稼動しています。

産業用のいわゆるメガソーラーであれば複数の施設で30年以上の稼動が続いています。産業用の太陽光発電はそれ自体を事業としているのでしっかりとしたメンテナンスが行われているのでしょう。

寿命は稼動環境によって変化する

太陽光発電は機械です。皆さんがお使いの家電やスマホと同じように使用環境によって寿命やパフォーマンスは大きく異なります。

また、寿命がきたらいきなり動かなくなるかと言えばそうではなく、徐々にパフォーマンスが低下して寿命を迎えるというケースがほとんどです。スマホのバッテリーも持ちが年々低下していくのと同じです。

狭い日本と言えど各地で気候に多少の差異はありますし、昨今では経験をしたことがないような災害レベルの異常気象も頻発しています。状況によっては太陽光発電の寿命は長くもなれば短くもなります。

寿命を延ばすために大切なのはメンテナンス

家電や車などと同じように太陽光発電はメンテナンスが大切です。このメンテナンスを怠ると寿命よりも短い稼動期間で終わってしまう可能性もありますし、最近になって太陽光発電のメンテナンスが義務化されました。

どちらにせよメンテナンスを実施する必要はあるのです。メンテナンスは3~5年に一度行うのが良いとされています。業者のメンテナンスとは別でご自身でできるメンテナンスもあります。例えば、鳥フンなどのパネル表面に付着する汚れです。

実は太陽光発電は性質上一箇所が隠れて発電が弱くなるとそれに応じて他の場所も発電力が下がってしまうのです。ですから、業者のメンテナンスとは別で定期的にご自身で掃除をすることは発電効率を考えるとおすすめと言えます。

しかし、高所に登り作業をすることは非常に危険です。ご自身で作業をされる際は自己責任でお願いします。もし掃除をされる際は万が一に備えて二人以上で行うと良いでしょう。

もちろん業者のメンテナンスでも清掃は行ってくれるところがほとんどですので必ずしも自分自身で行う必要はありません。

メンテナンスの質やコスパが太陽光発電によるリターンを左右する

これは太陽光発電によって得る利益の話になります。先ほど太陽光発電にはメンテナンスが必要であるとお伝えしました。このメンテナンスも多少費用がかかります。(業者によってはメンテナンス込みで契約している場合もあるのでどれくらいかかるかは契約した設置業者によって上下します。)

しかし、最大限のリターンを得るためにはメンテナンスは必須です。メンテナンスを行ってくれる業者のメンテナンスの質が悪ければどこかで故障や性能の低下が起きて損が発生してしまいますし、メンテナンスが完璧でも多額の費用がかかってしまえば太陽光発電で稼いだ分の利益は無くなってしまいます。

できるだけ質が良く、低コストな業者でメンテナンスを行うことが大切です。すなわちコスパのよいメンテナンスをすることが太陽光発電のリターンを大きくするポイントであるとも言えます。

しかし、太陽光発電を契約する時点では目先の費用で頭がいっぱいでメンテナンスまで深く考えることができる人は少ないと思います。

ですので、太陽光発電を考える際はメンテナンスのコスパまで意識して比較されると良いと思います。また、すでに設置をされてメンテナンスを検討している方は値段だけに左右されずにメンテナンスの質にも注目をして業者を選ぶと良いでしょう。

まとめ

太陽光発電は歴史が若い製品なのではっきりとした寿命はわかっていません。ですが、他の家電や車のように適切なメンテナンスを行えば長期間の稼動が期待できます。

太陽光発電は長く動けば動くほど家計にとってプラスですし、環境にも優しいです。目安の寿命は意識しながらも大切なのはメンテナンスだと意識してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました